読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

育児相談室『ポジカフェ』のブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

震災から5年、復興に追いつけない気持ち

今日で、震災から5年。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様方に心からお見舞い申し上げます。

 

今朝、NHKのニュースで小学生の息子さんを津波で亡くされたご両親のインタビューが流れていたのですが、それを聞き、身につまされる思いでした。

 

お宅には、その日息子さんが着ていた洋服が部屋にそのまま飾られてあり、お父さまが、

「時間はたしかに5年過ぎているが、あの日から何も変わってはいない」

「5年経ち、逆に寂しさが増している」

とおっしゃっていました。そして、

「もうこの先、復興という感じはずっと持てないと思う」

とも。

 

震災からの復興、この言葉を聞くたびに、逆に取り残されていく気持ちになる方もいる。 

震災からの復興で、変わっていく周りの様子に、自分の現実とのギャップを感じる方もいる。

 

子供を亡くした親、親を亡くした子供たち。その悲しみは時が解決してくれるものではありません。復興はたしかに必要なことだけれど、そこに留まる思いも大切。子を持つ親として、そして一日前に父の命日を迎えた娘として、とても複雑な思いになりました。

 

 

家族が普通に会社に行って、学校に行く。そんな当たり前のことが、ある日できなくなってしまうことがあるかもしれない。それを思えば、ときに、夫婦喧嘩をして嫌な気持ちになるのだって、子供を叱って自己嫌悪に陥るのだって、相手がいるからこそできるありがたいことに思える……。

 

日々のニュースで連日のようにむごい事件を耳にし、命が無駄にされているのを感じます。衝動で相手を刺してしまった、我慢できずに子供を虐待してしまった。なんて短絡的なことか……。

 

普通の日々の当たり前の日常に感謝する気持ちを持つことの大切さ、今日のニュースを見て改めて考えさせられました。

 

 

 

■ALL ABOUT 新着記事のお知らせ

 

■SINGA FARM 新着記事のお知らせ

 

 

*****************
当ブログ管理人・佐藤めぐみの公式HP

 育児相談室『ポジカフェ』

f:id:SatoMegumi:20150909003537p:plain

 

子育て心理学が満載の著書

  
*****************