読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

トイレトレーニング 我が家の場合

我が家のトイレトレーニングは、2歳の秋に行いました。

夏の間は、腰が上がらなかったにも関わらず、

9月になり、急に心が変わり、突如やる気満々になった私。

 

というのも、

・ 娘の行動を見ていて、その時期が来た気がしたこと

・ まだイヤイヤ期に入っていなかったこと

などが理由です。

 

そうと決めれば、即実行です。

9月のある日、夫が会社から帰宅した際に、

 

『明日、オムツ取るよ』 と報告。

 

『明日から始めることにしたんだ~』 と夫。

 

『ううん、明日一日でやるの』 と私。

 

『……』

 

翌朝、半信半疑な夫を見送り、

娘と私はトイレトレーニングスタート。

前日までに私なりの心理作戦を立てていたので、

それを実行していきました。(ちなみにこの日は家に缶詰状態です)

 

その結果……

 

私が誘うとできる、誘わないと間に合わない、

お昼寝の際にはおねしょをしてしまう

などなどの成功、失敗を繰り返し、その日は終わってしまったのでした。

一日でする量、回数には限界があり、

完全にできるようのなったと言い切るにはチャンスが少なかったというのが実情でした。

 

そして夫が帰宅。

 

『どうだった?』

 

『明日になってみないと分からないなぁ……』 と私。

 

そして、翌朝。

 

娘は起きるとすぐにおまるへ行ってpipi (おしっこ)、

そして朝食後にはcaca (うんち)と言っておまるへ直行。

その後も、大好きなバーバパパのDVDを見ている最中でも途中で切り上げてpipi、

裏の部屋で洗濯物を干している私のところまで飛んで来てpipi!と見事にやってのけたのでした。

 

どうやら編み出した心理作戦は大成功!

一日でトイレトレーニングは終了したのでした。ガンバッタ!

 

確かに、この当日は、外には行けない、ママに四六時中トイレの話ばかり聞かされる、

などなど面白くない一日だったと思います。

でも、一日集中して頑張ったことで、本人もコツがつかめたよう。

その後も、公園のおトイレを使ってpipi、 茂みを利用してpipi などの技もクリアし、

昼間はサラサラに過ごせるようになりました。

 

そして、その日以来、夜中もオムツが濡れないことがほとんどになりました。

寝る前にしっかりとしておいて、朝起きてすぐにトイレに行くことで解消できていたようです。

とは言っても、2日ほど濡れていたので、その後1ヶ月ほどは、念のために夜のオムツをつけ、

ひと月後、思い切って外してみたら大丈夫、ホッ。パンツっ子になっていました。

 

[showwhatsnew]

広告を非表示にする