読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

トイレトレーニング お尻の拭き方

今日はちょっと汚いお話です。

 

お食事中の方は後でお読みになってくださいね(食事中にブログは読まないかな・・・)

  

さて、今日の話題はトイレトレーニングのときのお尻の拭き方について。 

 

子どもって大人に比べると腕が短いので、前はよくとも後は届かない!!! ウンチのときは男の子も女の子も難しいんです。

 

実際に子どもにその姿勢を取ってもらうと良く分かりますが、手が後にしっかりと届くためには、結構な腕の長さが必要です。

 

後に反るような姿勢だと手の長さは足りるのですが、今度は肝心のお尻がすぼまってしまう+力が入りにくいんです……。

 

とくに女の子は前から手を入れて拭こうとすると、ばい菌が心配です。理想は、後ろ(おしり側)から手を入れて後ろに向かって拭くスタイルですが、実際これってどれくらいからできるのか…? やっぱりある程度の身長が必要です。

 

トイレトレーニングをする時期は、身長が100センチ前後の子が多いと思います。でも、100センチの子では、しっかり後ろから拭くのは厳しいと思います…。

 

届かなければしかたないと、物理的に無理なものはスパッとあきらめることも肝心。トイレトレーニングとウンチ後のお尻を拭くのは別に考えた方が堅実です。

 

トイレやおまるでお○っこやウ○チができるようになれば、トイレトレーニングとしては一区切り。ウ○チはしっかり拭いておかないと、かぶれたりして可愛そうですからね。

 

トイレトレーニング終了後も、手が届かないうちは、ウ○チだけは拭いてあげるのが賢明です。届くようになってからは、まずは自分で、そしてその後、パパかママが念のためチェック。うまくできていたら、しっかりとほめてあげてください。

 

*****************
当ブログ管理人・佐藤めぐみの公式HP

 育児相談室『ポジカフェ』

f:id:SatoMegumi:20150909003537p:plain

 

子育て心理学が満載の著書

  
*****************

 

 

 

広告を非表示にする