子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

フランスのママの味 ポトフ

ここ最近、パリはとっても冷え込んできました。

雪もちらついたり、車のフロントガラスが凍ったり・・・。

そんな寒いときにぴったりなのがポトフ。

ただ煮込むだけ、そして味付けは塩だけ、という究極にシンプルなポトフは、

離乳食時代の赤ちゃんから大人まで楽しめる一品です。

 

ポトフ 8~10人前

材料:

・煮込み用の牛肉 1キロ(塊で)

・牛骨(お肉屋さんにお願いしてみてください) 2個

・野菜各種(にんじん、かぶ、じゃがいも、セロリ) 適量

(目安として、牛肉の1.5倍くらいのカサになる程度)

・太めのねぎ(下仁田など、煮込んで美味しいものがベター)

・塩、ハーブ(ローリエ、オレガノなど)

 

作り方:

1.牛肉を6~8cm角に大胆に切る

2.鍋に1の牛肉と牛骨を入れ、水をひたひたに注ぎ、火にかける

3.沸騰したら、2~3分そのまま過熱し、茶色いアクが全面から出てきたところで、すべてを流しに空ける

4.牛肉にからまったアク、鍋肌についたアクを水洗いし、肉、骨を鍋に戻し、再度、水をひたひたに

5.ローリエ、オレガノなどのハーブを入れ、火にかける(圧力鍋を利用すれば早いです)

6.圧力鍋なら20~30分、普通の鍋なら2時間くらいたったところで、肉の硬さをチェックする

7.肉があと少しでOKというところで、大きく切った野菜をすべて入れ、塩でやや薄めに調味

8.牛肉と野菜がやわらかくなれば完成

 

とっ~~ても美味しいのに、簡単です。

唯一のコツは、牛肉と牛骨を一度煮立たせてアクを出し、その後よく洗うことだけ。

これにより、その後のアク取りは全く不要。びっくりするくらい澄んだスープができあがります。

 

これを器に1杯いただくと、「あ~カラダにいいことをしている」という気分になれる一品です。

我が家は3人家族でこの分量です。一回作って冷蔵庫に入れておけば、いろいろと使える重宝もの。

このアレンジは、また近いうちに。

IMG_2455-300x225

 

クックパッドにも公開しました。⇒ 「フランスのママの味 ポトフ」

 

[showwhatsnew]

広告を非表示にする