読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

お役立ちハーブオイル

手軽にフレンチ

昔、オランダに住んでいたころ、庭に少しだけハーブを植えたら、

あっというまに根をはってくれて、それ以来、ハーブをたくさん使うようになりました。

特に、便利だったのは、ローズマリー、ライム、セージ、オレガノです。

その頃は、使いたいときに使いたいだけ庭から取ってきて、

という贅沢をしていたのですが、今は庭のないマンション暮らし。

パリに越して来てからは、ハーブは買ってすぐに加工してしまうようになりました。

それが一番劣化が少ないからです。

 

IMG_2571-300x225

ハーブは生きているので、冷蔵庫に保管しても、どんどん香りが逃げていく~!

 

 

今日は、我が家の冷凍庫に常にストックしているハーブオイルの作り方を。

って言っても、混ぜるだけ、なんですけどね。

 

材料:

ローズマリー 適宜

タイム 適宜

にんにく 1~2片

おいしい塩

オリーブオイル

 

作り方:

1.ハーブをさっと水洗いし、しっかりと水気を切る

2.ハーブの葉だけを取り外し、フードプロセッサーへ

3.芯を取り除いたにんにくと塩もフードプロセッサーへ。

4.オリーブオイルをひたひたになるくらい注ぎ、フードプロセッサーをON。

5.細かくなればできあがり

 

↓ ローズマリー:上から下に向けてしごくと葉だけが簡単に外れます。

IMG_2558-300x225

↓ タイム:夏場のタイムは柔らかいので茎ごとでもOK。

冬場はやはり茎が固くなるので、葉だけを活用。

小さな葉なので、ちょっとだけ手間がかかります。

IMG_2559-300x225

 

コツ:

・ できるだけ細かくしておいた方があとで使いやすいです。

・ 塩加減は、ちょっとしょっぱいと感じるくらいがベストです。

 

このオイルは、お肉類と相性抜群です。

(豚、鶏、ラムが特におすすめ)

空き瓶に入れて、冷凍庫に保存しておけば、鮮度を保つことができます。

オイルがベースなので、ガチガチには凍りません。

使いたい日に、少し前に冷凍庫から常温に戻しておけば使えるようになります。

お肉に塗って、焼くだけで、なんともいえないいい香り。

今日は時間がない!というときに重宝します。

 

我が家がこの時期にこのソースを作ったのは、

クリスマスのチキンのため♪

ローストチキンのレシピはこちらからどうぞ

 

[showwhatsnew]

広告を非表示にする