読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

フランス式 エイプリルフールの楽しみ方

もうすぐエイプリルフールですね。

日本語では「四月バカ」、英語では「エイプリル・フール(同じく四月バカ)」、でもフランスでは、「Poisson d'Avril ポワソン・ダヴリル(四月の魚)」と言われています。なぜか、フランスだけ、サカナ?

 

ひとつだけ仲間はずれ的な感じですが、実は、4月1日のこのイベントはフランス発祥のものなのだそう。日本では「エイプリル・フール」と言うのが主流なので、てっきりイギリスかアメリカからの輸入品かと思っていた私。

 

ウィキペディアによると、

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた……

のだとか(参照:エイプリルフール - Wikipedia)。

 

では「四月の魚」の語源は?

「魚」にまつわる説はいくつもあるようですが、代表的なものには、

  • この時期のサバは、釣り糸さえ垂らせば、簡単に引っかかる魚。そんなおバカなサバのように簡単に引っかかる人を四月の魚と呼ぶようになったという説
  • 4月から魚が産卵期に入るため、4月初旬から漁獲が禁止。そこで、人々は禁漁前日の4月1日に、何も釣れずに帰ってきた漁師をからかい、魚を海に投げ入れて釣らせてあげたという説

などなど。いずれも魚を絡めたエピソード。それゆえ、ポワソン・ダヴリルなのですね。

 

フランスに住んでいた当時、私もこのポワソン・ダヴリルを幾度となく経験しましたが、ウソをついてもいい日というよりは、イタズラをしても許される日という印象が強いです。

 

ポワソン・ダヴリルでまず思い出すイタズラが、子供⇒大人のイベント。 

  1. この日までに、子供達は紙のお魚を準備します。
  2. お魚の絵を書いて、まずは色付け、そしてその絵をハサミで切り取って魚型に。
  3. 当日、大人の背中にこっそりと貼り付けます。
  4. そして、みんなでクスクスと笑いながらその人が気づくのを待ち、気づいたところでみんなで笑ってからかう

というイタズラです。

 

イメージ的にはこんな感じ↓

f:id:SatoMegumi:20150321015224j:plain 

 

 

 

娘の幼稚園時代、朝、送りに行ったら、お美しい担任のC先生が入り口で「Bonjour !!」とお出迎え。しかし、その背中にはもうしっかり2匹のお魚が貼り付いておりました……。

 

フランスでは子供⇒先生が圧倒的でしたが、親子でやっても楽しそう!

 

 

そして、小学部では、さらに手の込んだイタズラが。これは先生⇒子供、そして親までも巻き込まれた!

 

忘れもしない、娘が1年生のときの4月1日。学校を終えて家に戻ると、1枚の手紙。なにやら、フランスの教育省からのお達しを伝える内容。

 

それによると、

「子供達の鉛筆紛失が多発していることを鑑み、今後は鉛筆を使用していないときは、耳の上に鉛筆を保持することとする!」


要はこれですよ、これ!!!

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:SatoMegumi:20150320235659j:plain

外国語ということで、すぐに「ウソ」と見抜けず、娘に「ねえ、今日、これってやった?」と耳の上に鉛筆を乗せてみると、「やったよ。先生もやっていたよ。そう決まったんだって」と。


その日いっぱい、だまされ続けた私。勘が鈍いのか、はたまた、手口が巧妙なのか……?

 

でも、こういうたまの羽目外しって、子供心に本当に楽しいんですよね。子育て心理学では「嘘はだめですよ」なんて言っている立場だけれど、年に一度、こうやってウソを楽しむのは大歓迎。

 

なぜなら、子供の頃の思い出を振り返って見ると、記憶に残っているのは、……。

  • 大晦日に、なんとか粘って0時まで起きていたこと
  • 夏休みに子供達で花火やキャンプファイヤーをしたこと

などなど。

いつも親に「早く寝なさい」「火は危ないよ」と注意されているけれど、ダメダメと言われると余計にやりたくなるのが人間の心理! それが合法的に許される日は、やはり子供心にインパクトが強く、一生の思い出になりやすいんですよね。

 

子供達にウソを可愛く開放できるフランス流のポワソン・ダヴリルごっこ、親子でトライしてみてはいかがでしょうか?

 

*****************
当ブログ管理人・佐藤めぐみの公式HP

 育児相談室『ポジカフェ』

f:id:SatoMegumi:20150909003537p:plain

 

子育て心理学が満載の著書

  
*****************
広告を非表示にする