読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て心理|佐藤めぐみの「ポジカフェ」

子育て心理の専門家・佐藤めぐみのブログ。子育て心理学ベースの育児情報を発信中♪

≪お知らせ≫

このたび、ブログを2つに分けました。このブログでは"子育て心理情報"を中心に発信していきます。

ヨーロッパの食べ歩き情報は、以前のブログを復活させ、そこに載せることにしました。

食べ物ばかりの趣味ブログですが、ぜひお立ち寄りくださいませ♬ ⇒「ポジカフェ・パリ」

 

 

叱らない子育てが間違った方向へ…

■ポジティブなほめ方

今日は、小児専門の理学療法士である、ままこや代表の山野井先生とお話をしました。山野井先生は子供の体のことが専門、私は心が専門、お互いが力を持ち寄ればよりよい育児支援ができると、去年から今後のことでいろいろとお話をしています。

そんな中、今日話題になったのが、「叱らない子育て」のこと。「叱らない子育て」という言葉だけが一人歩きし、誤った方向へ行き始めている…お互いそう感じていました。

 

以前、この記事にも書きましたが、

「叱らない子育て」を正しく理解しよう [子育て] All About

叱らない子育てとは、子どもの好き放題にさせるということではありません。もし好き放題にしてしまったら、その子は制限やルールという存在を知らないまま大きくなってしまいます。3歳くらいになって突然しつけやルールが登場すると、親子で立ち往生してしまうのです。

 

一般的に、ルールというと窮屈なイメージがあるかもしれませんが、育児に必要なのは自由度のあるルールだと実感しています。何でもOKではないけれど、何でも禁止でもない、0でもない100でもない50くらいのルールです。その大きな枠を子供に提示してあげると、子供はその中でやっていいことと悪いことを学んでいってくれます。

 

正しい「叱らない子育て」とは、

できていないことばかり叱るより、できているところからほめて育てること

を言います。子供は叱って制止されるよりも、ほめて促される方が受け入れやすいので、結果的にはこちらの方が早道。いえ、早道というよりも、「ほめ」を活用していかないと、行動改善にはつながらないことが分かってきています。なぜなら、叱るだけだとその行動を止める効果はあっても、良い行動を育てる効果はないから。止めてほしい行動をストップすればOKではなく、その代わりになる良い行動を育てなくてはいけないんですね。「叱らない子育て」のベースは「ほめる子育て」というわけです。

 

今さらですが「ほめる」ってすごいパワーなんです。子供をどんどん変えていきます。以前書いたこの記事は、沢山の方がFBでシェアしてくださったものです。

3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気 [子育て] All About

タイトルからも分かるように、小さいころにいいほめ方をされた子は、後々のやる気まで変わってくるんです。そういう意味でも、これからは、誤解を招きがちな「叱らない子育て」よりも「ほめる子育て」に目線がシフトしてくれるといいなと感じています。

 

 

■ALL ABOUT 新着記事のお知らせ

 

 

■SINGA FARM 新着記事のお知らせ

 

*****************
当ブログ管理人・佐藤めぐみの公式HP

 育児相談室『ポジカフェ』

f:id:SatoMegumi:20150909003537p:plain

 

子育て心理学が満載の著書

  
*****************
広告を非表示にする